日: 2020年11月28日

野菜福箱

毎年恒例 “野菜福箱”受付開始!

毎年恒例の”野菜福箱”、今年も受付を開始します。

写真は内容に変更はございますが、大まかにこの様なボリューム感となります。
価格は送料込みの4,000円にて承ります。お申し込みの際は下記のURLよりご住所、お電話番号をご記載下さい。

ご自宅用として、お歳暮や年末年始のご挨拶としてのご利用にいかがでしょうか。

また、直接のお受け取りをご希望の方はお野菜を増量させていただきます。
発送は水曜日もしくは土曜日の発送となります。
お申し込みは下記をお読みいただき、必要事項をのご記入をお願いします。

ーーーーー
《お申し込みに関して》
下記URLの”お問い合わせ”より”お問い合わせの種類”項目より、”野菜福箱に関して”をご選択いただき、下記①〜⑤をご選択下さい。
https://atelierkitchen.com/contact/

①お名前
②ご住所
③電話番号
④受け取り方法(発送希望もしくは直接受取希望)
⑤発送希望の場合は、希望発送日(水曜日もしくは土曜日になります)

《価格》
4,000円(送料込み、直接受け取りの場合は増量致します)
ーーーーー

 
アトリエキッチン鎌倉 和田
Event repoert

第三回イベント〈芋掘り & 収穫直売〉 開催レポート

画像28

11/22(日)Shonan Edible Garden(仮)(以下SEG)にて、《芋掘り & 収穫直売会》を開催しました。
当日は約20名の方にお越しいただきました。

現在のEdible Gardenは秋物、冬物の野菜が豊富。ざっと種類を挙げると、以下の通り。
ーーーーー
カリフラワー、ブロッコリー、白菜、キャベツ、小松菜、菜花、青梗菜、あやめカブ、二十日大根、ビーツ、鳴沢菜、水菜、ほうれん草、紅芯大根、ビタミン大根、時なし大根、わさび菜、紫カラシナ、ルッコラ、空芯菜、トランペットズッキーニ、唐辛子 等
ーーーーー

本日の主役

画像24

この日のイベントの主役は、ご覧の通りのさつまいも。
春に植えたものがやっと収穫時を迎えました。
開始前のさつまいも畑は以下の通り。事前に芋掘りをしやすい様に園長の和田が刈り払い機である程度刈り取りました。

画像23

画像1

スタート

当日は快晴に恵まれました。毎度ながら、特に号令なくお越しいただいた方からスタート。
今回は芋掘りということもあり、お子さんのいらっしゃるご家族連れの方々が多くいらっしゃいました。お子さんの表情はとってもいきいき。

画像2

画像3

画像19

画像4

採れた!

画像5

当日のフォーメーション

当日の運営フォーメーションをご紹介。
皆さんが収穫したつるを切り、カゴに入れるつるカット担当の園長・和田。

画像21

同じくつるカット副園長・細萱

画像21

撮影・記事担当は池田です。

幼虫コレクション ※虫が苦手な方は閲覧注意

ある程度芋掘りが一段落すると子供達の興味は幼虫へシフト。SEGにはカブトムシの幼虫がたくさん。もう子供達の笑い声が絶えません。幼虫ハンティングの様子をご覧下さい。

画像6

”幼虫コンテナ”というそうです。

画像7

器用にカナヘビを捕まえる子も。

画像22

小山を作る子供達。この中には幼虫がたくさん埋まっています・・。

画像25

”穴掘り”大会

更に幼虫収穫と並行し、子供達はスコップを用い、穴掘りを始めました。
どうやら深く掘ることに熱中し始めた様です。

楽しそうに穴を掘る子供達を見て、楽しみを見つけることに対して本当に長けているなと関心したのでした。

画像13

画像12

画像11

第二部”収穫直売会”

さあ、芋掘りが一段落しママさん達お待ちかねの収穫直売会がスタート。
現在、SEGでは毎週水曜日の9:00〜12:00で収穫マルシェ(詳細はリンクにて)を開催中。開始から1ヶ月程度にも関わらず、既にリピーターさんがいらっしゃる程の好評ぶり。
収穫直売会とは、その名の通り菜園内にて、ご自身の欲しいお野菜を収穫し、量り売りするシステムです。

まずは延長が菜園のお野菜をご案内。

画像16

親子でお野菜を収穫する機会、中々ないですよね。

画像17

画像18

ビーツ、引っこ抜けるかな〜?
”ん〜っ”

画像14

”よいしょ!”
引っこ抜けました〜。

画像15

量り売りを担当するのは副園長、細萱。皆様に予想を超えるご購入をいただきました。

画像26

これぞエディブルガーデン

収穫が一段落すると、旬を過ぎ辛うじて実が付いているトマトの元へ。
なんと皆で美味しそうに食べていました。
これぞ”エディブルガーデンだ”という一場面でした。

画像8

画像9

くつろぎタイム

そして無事イベントは終了。皆さんお疲れ様でした。
最後は運営メンバーでコーヒーを美味しくいただきました。園長も良いスマイル。

画像10

次回もお楽しみに!

画像28

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。ご家族で楽しまれている様子を見て、私達も一緒に楽しませていただきました。
イベントを開催していると、毎回思わぬ発見がたくさんあるのも面白い所。私達も日々学ばせていただいております。
次回以降のイベントの開催情報は、こちらをご覧下さい!

次回のもお楽しみに!

記事:池田 拓海